イギリスには3500kmにも及ぶ内陸水路のネットワークがある事をご存じですか?

約200年前、産業革命時に運搬手段として時代を支えた内陸水路、一度は蒸気機関車の出現とともに忘れられていきました。
しかし、ここは英国!

カントリーサイドと古いものが大好きなイギリス人達の手でかつてない素晴らしい旅のスタイルとして甦ったのです。

英国人ご自慢の「緑と歴史に満ち溢れる田舎」をナローボートでゆっくり旅してみませんか?


ナローボートガイドはイギリス国内で唯一、予約から実際のクルーズまで日本語でサポートできる
ナローボートのスペシャリストです。
 
Narrowboat Guideって?

1999年よりCaptain Pook Canal Boatとして営業してきましたが、2008年シーズン終了後、船体老朽化の為、ボート売却とともに一度閉業。

同年2008年秋、新しくエンジンも窓もないナローボートを購入。今までの経験を生かして船内設備や内装を2人+1匹でコツコツ作り始め、2010年5月完成。 
新ボートと共にNarrowboat Guideとして再スタートしました。
Narrowboat Guide = 造船から実際のクルーズまで、運河とナローボートの事なら「皆さんのガイドブックのような存在になろう!」という意味です。

そして2017年~18年の冬の期間に再び前進あるのみの改装工事! 内装を前面大改装しました。新しい内装のナローボートにも是非お越しください!
Narrowboat Guide の所有するボートは現在のところオリジナリティー満載の1艘のみ、船名は「At Ease」(アットイーズ)。
日本語では「お気軽に」という意味、また軍隊などで「きをつけ!」「休め!」という号令で「休め!」に使われるのもアットイーズです。

気軽にナローボートを体験してもらい、頭も心も「休め!」してもらう。 これがアットイーズ号の使命です

イギリス国内のホテルボートは大半が家族経営、しかしほとんどの経営者が5年前後で変わってしまう中、2019年で20年目に突入! 英国運河のように細く長くどこまでも…?


ナローボート見取図 最新版


私達がNarrowboat Guideです。


Andy Brown (アンディ ブラウン)
MCA(Maritime and Coastguard Agency) Boat Masters Licence(旅客ボート)所有
1962年Cheltenham生まれ、都市が大変苦手な人も驚くウルトラ級のカントリーボーイ。水辺や野原、羊が見えないと不安になるらしい…。
千葉県佐倉市の教育委員会でALTとして小中学校で英語講師を5年間務めた、日本語は勉強中だが上達のスピードがナローボート並み!!


ブラウンあつこ

MCA Boat Masters Licence (旅客ボート)、RYA Helmsmans Licence、小型船舶2級を所有。 
1968年、東京都八王子市生まれ、ナローボートの前はルフトハンザドイツ航空の旅客課、地上勤務。最近すっかり飲めなくなったため
とうとうCAMRA(Campain for Real Ale)の会員証を手放した…。シンプルライフ&ミニマリストを目指し生活改善に奮闘中。