11September ~ 14September 2018

Birmingham ~ Wilmcote

11September 
1330 Birmingham National Sea Life Centre 入り口前にて待ち合わせ (停泊場所が広く広がっている為、分かりにくいと思うので、分かりやすいところで待ち合わせをします)

乗船後、安全の説明を受けてクルーズに出発!

BCN(Birmingham Canal Navigation)、Birmingham&Wocester 運河、Kings Norton Junctionを経て、
North Stratford upon Avon 運河まで一気に入ります。初日にはバーミンガム大学のキャンパス内を通り、
最近できた近代的な水道橋を渡ります。
イギリス人の大好きなCadbury チョコレート工場の横を通った後は緑が多くなり、North Stratford upon Avon運河に入ってからは
トンネルも通ります!


2日目からはバーミンガム郊外の田園風景の中、ロックワークあり、跳ね橋あり、でものんびり、のんびりとカナルライフを味わってください。







最終日にはUKで2番目に長い水道橋、Edstone水道橋を通ります。北ウェールズの世界遺産の水道橋に比べると高さは低いですが、水道橋の下は道路と小川と線路が通っていて、
下を通る車が手を振ってきたり、列車の運転手さんも手を振って汽笛を鳴らしてくれることもしばしば。
観光地化された世界遺産の水道橋に比べるとEdstone水道橋の方が身近に感じることができます。Narrowboat Guideの意見ですが…。

14September 
終点、下船はWilmcote。下船時間は11:00です。


運河のすぐ横が列車の駅です。(下船から駅のホームまで徒歩3分の近さ!)Wilmcoteの駅は無人駅ですが、かわいらしい駅です。シェイクスピアの街Stratford upon Avonまで2駅、乗車時間にして約7分。 

Wilmcoteにはシェイクスピアの母親の実家Mary Ardenの家があり、中世の農家を再現した野外博物館になっています。観光地によるある、2階建ての乗り降り自由の観光バスも回ってきます。

下船後にStratford upon Avonで1泊してシェイクスピアを偲びながら観光しても良いし、Stratford upon Avon駅に隣接しているハーツレンタカーで車を借りてコッツウォルズのドライブへ出かけるのもお勧めです。

Stratford upon Avonから一番近いコッツウォルズの町はChipping Campden、車で約20分です。Wilmcoteで下船後、そのままタクシーで
コッツウォルズに入りたい場合にはNarrowboat Guideがタクシーのお手伝いもいたします。